非常用発電機負荷試験の作業内容・点検内容

電話番号電話番号
お見積り・お問い合わせお見積り・お問い合わせ
消防法改正により非常用発電機負荷試験が必須に消防法改正により非常用発電機負荷試験が必須に
負荷運転とは作業内容会社概要
内部観察予防的保全策よくあるご質問

作業内容・点検項目

負荷試験の作業内容・点検項目

負荷試験装置による実際の動作環境に近い疑似稼働をかけることにより、
予期せぬ故障やトラブルを未然に防げます。その中でも主に下記の事を確認します。

  • 定格回転速度及び定格出力の30%以上の負荷で必要な時間連続運転を行い確認します。
  • 運転中にオイルの漏れがないか、異臭はしないか、不規則・異常な音はしないか、
    発熱等もなく運転が正常に行われているかを確認します。
  • 運転中の煙突から噴き出されている排気色が極端な黒色、
    または白色ではないことを確認します。

注:電気事業法による月次点検や消防法の6ヶ月点検又は年次点検で行う無負荷(空ぶかし)運転を
  
続けていると、未燃焼ガスがカーボンとしてシリンダーや排気管に准積され、
  
いざといった非常時に出力電源が不足したり、異常停止してしまう危険性があるため、
  
1年に1回は30%以上の負荷を30分以上かけて、カーボンを燃焼排出し、
  
非常時に正常稼働ができる状態に維持する負荷試験が不可欠になります。

劇的に改善された負荷試験機

従来の作業時間は半日から1日がかりで、尚且つ重量で運ぶのも大変な負荷試験機を使用し、
停電状態にしてから行う作業でした。
また、コストもかなりかかるものでした。

それが!

  • 従来のコストが「3分の1」
  • 時間は「2時間程度」
  • 負荷試験機が「軽量コンパクト・セパレート型」
    ※高圧試験の場合は、車両タイプなど試験機の形状など場合により異なる場合がございます。
  • 施設の停電が「不要=無停電で実施」

非常用発電機の負荷試験が必須の施設・業種

※全国にある170万基以上の発電機全てが対象となります。その中でも

  • 病院・介護施設・老人ホーム
  • 学校
  • ホテル・旅館
  • 商業施設・複合施設

負荷試験の流れ

お問い合わせ
お電話またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

現地への派遣・現地調査・詳細説明
発電機や建物の仕様からお見積りを行います。
※電話によるお見積りも可能ですが、現場調査してからをお勧めします。

負荷試験の実施
発電機の規模、建物形態により約2時間から3時間程度で完了

試験結果報告
試験結果の詳細についての実施報告書と写真帳をお渡しします。
※万が一、発電機に不良があった場合も適切な修理・メンテナンスを提案・実施させて頂きます。

サイドメニュー
トップ
負荷運転とは
作業内容
内部観察
予防的保全策
よくあるご質問
会社概要
お問い合わせ
総務省消防庁

株式会社トラスト・グローバライズ