自家発電設備・自家発電機の負荷試験

電話番号電話番号
お見積り・お問い合わせお見積り・お問い合わせ
消防法改正により非常用発電機負荷試験が必須に消防法改正により非常用発電機負荷試験が必須に
負荷運転とは作業内容会社概要
内部観察予防的保全策よくあるご質問

よくあるご質問

見積もりや現地調査に費用は発生しますか?

お見積りや現地調査に費用は発生しませんので、まずはお気軽にご相談ください。

非常用発電機とは何ですか?

消火に必要なスプリンクラーや消火栓ポンプなどに電源を供給する装置です。

負荷試験(負荷運転)とはどのような試験ですか?

非常用発電機が正常に動作するかを確認する試験です。

無負荷での運転点検はしているのですが、負荷試験は必要ですか?

消防法により年に一回の負荷運転点検が規定されています。
また、負荷運転で30%以上の負荷をかけて30分以上運転させることが推奨されています。

無負荷運転との違いは何ですか?

無負荷運転では発電機のエンジンをかけるだけですが、負荷試験では実際に発電を行うことで、
災害などの非常時の運用に近い状態でテストができます。

負荷試験の最中に不具合が生じた場合の発電機の修理はできますか?

はい。修理やメンテナンスも可能です。
提携先と連携し、適切で最善の対応をします。

負荷試験は営業時間終了後など日時指定はできますか?

はい。日時は可能な限り柔軟に対応させて頂きます。
夜や深夜も可能ですが、音量などで近隣の方々にご迷惑となる可能性があるため、
極力は日中に行わせて頂いております。

非常用発電機の負荷試験の実施は義務ですか?

消防法により、1年に1度の実施が消防点検規定にて定められています。
また、報告を怠ったり、虚偽の報告を行った場合には罰則の規定があります。
人命と施設を守るための大事な試験ですので、必ず実施しましょう。

サイドメニュー
トップ
負荷運転とは
作業内容
内部観察
予防的保全策
よくあるご質問
会社概要
お問い合わせ
総務省消防庁

株式会社トラスト・グローバライズ