非常用発電機の内部観察|大阪・京都

電話番号電話番号
お見積り・お問い合わせお見積り・お問い合わせ
消防法改正により非常用発電機負荷試験が必須に消防法改正により非常用発電機負荷試験が必須に
負荷運転とは作業内容会社概要
内部観察予防的保全策よくあるご質問

内部観察

非常用発電機の内部観察とは、消防庁が負荷試験の代替点検方法として規定した点検方法になります。
部品の取り外し(分解作業)により、発電機のエンジン内部(コンプレッサー、タービン、シリンダ)
などを内視鏡等を用いて、また目視にて点検を行います。
また、重滑油、冷却水においては、メーカーの公表する指定地範囲であるかどうかの検査も
必要となります。

内部観察

燃料噴射弁等の確認

シリンダ動面の内部観察

潤滑油の成分分析・冷却水の成分分析

サイドメニュー
トップ
負荷運転とは
作業内容
内部観察
予防的保全策
よくあるご質問
会社概要
お問い合わせ
総務省消防庁

株式会社トラスト・グローバライズ